靴擦れからの解放
ランナーのアンクル丈ソックスの
正しい選び方とは!?


ランナーさんソックスの丈は、主に3タイプ。
くるぶしまでのアンクル丈、ふくらはぎ下辺りまでのレギュラー丈、ひざ下までのハイソックスがランナーさんの中では主流。
人それぞれですが、SNSなどでよく見かけるのはアンクル丈タイプ。
装着感も気にならず、軽い履き心地が特徴的ですよね。

ただ、よくある悩みとしては、
カカトが靴擦れしやすい。足が擦れることで起こる痛みや傷を防ぎたい。
脱げやすい(フィット感が弱い)など以外と悩みが多いアンクル丈ソックス。

今回はこのような悩みに対して、ソックウェルのアンクル丈タイプがどのようにアプローチしてくれるかをご紹介。
  

"靴擦れを起こさせない"ソックウェルの機能

・靴擦れしやすい踵を
守るノンスリップクッションタブ設計

 

・カカトの靴擦れサポート

以外と知られていない特徴「ノンスリップクッションタブ」
写真のように⁺αのカカトにタブを追加することでスニーカーやランニングで使用しても肌に直接あたりにくいので、靴擦れしにくい設計に。

 

・「Yヒール」という立体的な編み構造

 ・裏返して平面な場所に置いてみると

アンクル丈の悩みとして脱げやすかったりしませんか?
ソックウェルは踵部分に「Yヒール」という立体的な編み構造を採用。
踵がしっかりフィットしてズレにくい設計になっています。
また、程よい着圧が足に吸い付いてくるかのようにピッタリとハマるので、靴の脱ぎ履きでズレることもなく終始快適に履いて頂けます。

 

 

他にもランナーにおすすめの機能性

 

・通気性フレックスゾーン

部分的にメッシュパネルを使用することで通気性を強化。
足が蒸れやすい方、フルマラソンなど長距離ランニングでもサラッとした履き心地を実現。

・足裏のパイル地クッション

裏返しにいて頂くと、タオル見たいにフワフワしているのがパイル編み。
フワっとした独特の弾力性が足裏の衝撃もサポート。
パイルは平面的な織物にくらべて表面積が広いため、吸水性もUP。汗もしっかり吸収。

 

 【アンクル丈特徴シート】

素材にも注目
ソックウェルのオリジナル紡績
~メリノウール×バンブー~


ウールにバンブーを織り交ぜることで、ソックスに光沢、柔らかさ、通気性が加わり、さらにウールの弱点でもある耐久性がアップ。
また、ウールはコットンの2倍、ポリエステ ルの30倍という大量の水蒸気を吸収できるため、サラッとした履き心地に。

 

動きやすさを重視する方や、
素足感覚がお好きな方におすすめなのがアンクル丈。
くるぶしまでの長さで、足元がスッキリすることでソックスを気にせず走ることができます。
普段のスポーツミックススタイルにもオススメの1足です。