自らの足でしか移動できない登山において、足元を保護するソックスは最も重要な装備と言っても過言ではありません。

靴擦れや冷え、足裏への衝撃など様々な足のトラブルから守る役割を担っています。

 では登山にはどのようなソックスが適しているのでしょうか?

今回は、登山時におけるソックス選びのポイントとおすすめのソックスをご紹介します。

 登山ソックス画像

 

 

登山時におけるソックス選びのポイント

 

 ソックス選びの大事なポイントはこちらの4つ!

・足を温める 保温性

汗を吸収する 吸湿性

・足の裏を守る クッション性

・履いた時の フィット感 

 

①保温性

人間の体は末端から冷えていきます。

夏山であっても高山は気温が低くなるため、しっかりとした保温性が必要です。

登山用靴下を履くことによって、そうした冷えから足先を守ることができます。

 保温性画像

 

 

 ②吸湿性

かいた汗が靴下に吸収されないままだと、汗の湿気で皮膚がふやけて、マメや靴擦れなどの足トラブルの原因になります。

なので、汗の湿気をすばやく吸い上げて肌に戻らない素材を使用することが重要です。

 吸湿性画像

 

 

③クッション性

 険しい山道を歩くことを想定している登山靴は基本的に靴底が硬く、時間がたつにつれて足裏が痛くなってしまうことも。

靴下の生地を普段用の靴下より厚めにすることで、長い歩行時間でも歩行中の衝撃を吸収し、疲労を軽減してくれます。

 クッション性画像

 

 

④フィット感

靴下が足にフィットしておらず、靴下の中で足が泳いでしまうと、それが靴擦れの原因になってしまいます。

足裏のアーチ部分やアキレス腱あたりなど、編み方を変化させることで程よく締まるようにしている靴下だと、フィット感が増しておすすめです。

 

フィット感

 

 

おすすめの素材「ウールとアルパカ」

 

 上記でお話したように、ソックスの機能性で登山の快適度がずいぶん変わってきます。

そうなってくると一番にこだわりたいのが、ソックスの機能性にダイレクトに関わってくるソックスの「素材」。

ソックスの素材と言えば綿や合成繊維など様々な種類がありますが、登山におすすめな代表的な素材といえば「メリノウール」です。

 

 ▷メリノウールってどんな素材?

メリノウールとは「メリノ種」という羊の毛のことで、ウールの中でも最高級品とされる素材です。

柔らかくしなやかな肌触りが特徴的で、カシミヤにも例えられるほど!

ウールってチクチクするものじゃないの?と思う人も多いでしょうが、メリノウールはその肌触りの良さからソックスなど、直接肌に触れる衣類に多く使用されています。

 羊画像

 

 

▷メリノウールの特徴

1.保温性、断熱性

 メリノウールは冬は暖かく、夏は涼しく感じるため「天然のエアコン」と呼ばれることがあります。

メリノウールの繊維はクリンプと呼ばれる1本1本が縮れた形状をしており、この縮れのおかげで繊維の中に約60%もの空気を含み、外との間に空気の層を作るので、冬は冷たい外気をシャットアウト、夏は暑い外気の影響を受けにくくなっています。

そのためメリノウールは温度調節の難しい登山時に快適な素材なのです。

 

2.吸湿性、放湿性

 メリノウールには、汗などの水分を吸収する「吸湿性」と、かいた汗を放出し適度な水分量を保つ「放湿性」があります。

メリノウールは自らの体積の30%もの水分を吸収することが出来ると言われており、吸収された湿気は外へと発散させ除湿される仕組みになっています。

おまけにその際に余分な熱も放出されるんです。

なのでメリノウールはいつもサラサラな質感を保つことができ、汗をかきやすい登山時に使用されることが多いのです。

  

3.防臭性、抗菌性

そもそも靴下のにおいが気になるのは、足の汗が残ってしまいそこにバクテリアや雑菌等が繁殖するから。

しかしメリノウールは吸湿性に優れているので、足の汗を吸収し表面をサラッと保つので、においの原因となるバクテリアや菌の繁殖も起きづらいのです。

またメリノウールは天然素材で免疫機能を持っているため、それ自体が防臭力を持っています。

 

このように多くの優れた特徴をもつメリノウールは、登山にとても適した素材です。

メリノウールだけでも十分な機能を発揮しますが、今回もう一つおすすめしたいのが「アルパカ素材」。

アルパカにはどんな特徴があるのでしょうか?

 アルパカ画像

 

▷アルパカの特徴

 1.軽くて保温性が高い

アルパカは気温差の大きい過酷な環境で生活しています。

そのためアルパカの繊維は中心が空洞になっており、高い保温性と軽さを両立させているのです。

なんと「ウールの7倍あたたかい」とも言われます。

 

2.上質なツヤ感と肌触り

アルパカの繊維は非常に細いため、とても肌当たりが優しく、チクチク感が苦手な方でも使いやすくなっています。

またカシミヤのように美しく自然な光沢があります。

 

3.非常に丈夫で毛玉ができにくい

アルパカの毛はウールや他の動物とは違い、毛が直毛であるため絡みにくく、毛玉が出来にくい特徴があります。

またカシミアの方が繊維が細く柔らかいのですが、アルパカも十分柔らかく、何よりヘビーユーズに耐えられるくらい非常に丈夫なのです。

 

つまり、アルパカは「カシミヤより丈夫で、ウールよりも暖かい素材」なのです。

 

 

Sockwellのアウトドアシリーズ

 Sockwellアウトドアシリーズ画像

 

ソックウェルの靴下は全てにメリノウールが使用されています。

中でもアウトドアシリーズには「アルパカ」を混紡させることでより保温性と強度がUP!

そこに厚めのクッションを足底につけることで、足裏の衝撃を和らげてくれます。

ソックウェルと言えばの着圧機能も忘れずに!

程よい着圧で歩行をサポート、また足に密着してズレにくくフィット感もばっちりです。

 

▷Sockwellアウトドアシリーズの特徴

・メリノウール+アルパカ素材で保温性UP!

・厚めのクッション

・着圧機能でサポート力とフィット感

 

 

足が快適かどうかは登山においてとても重要なこと。

ソックウェルのアウトドアシリーズは、登山時にもしっかりとあなたの足元をサポートします。

是非一度この履き心地を体感してみてください。

 

ソックウェルの商品を見る