何かを知るきっかけづくり「ソックウェルラブ」。

第一回目はノルディックインストラクターの黒木 公美さんへインタビューしました。

ソックウェルラブ 黒木公美さん
主婦からノルディックインストラクターへ
“これが楽しい!”をみんなで共有したい!
そんな思いが自分を動かした。

昔から体を動かすのが好きだった黒木さん。 

就職、結婚、子育てする中で、毎日忙しい日々を過ご10間運動なしの生活が続きました。

そんな中、次男が小学校に入学した2010年に久しぶりにランニングをスタート!最初は5分走るのが精一杯だったものの、自分が頑張った分、距離やタイムなど、全部自分に戻ってくる達成感や、カラダもココロもスッキリと前向きになれる爽快感にはまります。

そして、ランを始めてから1年半後、フルマラソンに挑戦。
翌年2度目のフルでは、サブ4(4時間切り)を目指し練習を積み、3時間51分で目標達成。

今度は、周りの友人たちにもランを楽しんでもらいたいと思い、2012年から(4年間)コーチやインストラクターを呼んで、砧公園でランニング&ヨガサークルを立ち上げます。
約4年続けましたが、当時のインストラクターさんの後押しもあり、今度は自分が教える側になることを決意。 インストラクターを志しました。
それからというものいろいろなことに挑戦していかれた黒木さん。

2014年
ノルディックウォーキングのインストラクターとジュニアスポーツ指導員の資格を取得。

2015年
ノルディックウォーキングイベントをスタート。

2016年
女性限定ノルディックウォーキングクラブ「 I H A N A ノルディックウォーキング」を立ち上げ。

001_2

黒木さんはこう話します。
「女性は、仕事、子育て、介護に大忙し。プログラムに参加することで、自然の中で体を動かしたり、お喋りや美味しいものを楽しんだり、五感を刺激しリフレッシュしてもらいたい。そして、楽しみながらも達成感や自信を得て、明日からまた頑張ろう!と思ってもらえたら。」

黒木さんの主催されるノルディックウォークは、世田谷や皇居、横浜、鎌倉など新鮮なフルーツやお野菜直売所でお買い物、ベーカリーでのおやつ、カフェのヘルシーランチなど、女性ならではのちょっとしたお楽しみを加えながら10km~20kmを歩きます。

そして2019年から始まったフィンランドノルディックウォーキングツアー。
森と湖をめぐる小径やヘルシンキの美しい街並みなど、ノルディックウォーキング発祥の地を歩きます。
そこでも、歩くだけではなく、自然を感じ、現地の人たちの交流やショッピング楽しむ黒木さん流のノルディック。自分へのご褒美にと参加される方もたくさんいます。

最近では体だけでなく心にも寄り添いたい!体もケアしたい!元気にしたい!という思いで、漢方養生指導士上級スタイリスト」の資格を取得されました。各地で季節や体調に合わせたオリジナルの漢方ブレンド茶づくり、未病やセルフケアの大切さを伝える漢方ライフスタイル講座を開催されています。

<お気に入りのグッズ>
    • フィンランドのキーホルダー
    • ストレッチに便利なグッズ
    • ノルディックウォーキングGOODなリュック(走る用ではあるけれど、走るにはちょっと大きいので。)
    • シンプルボトル
    • ウールソックス Sockwell 

001_3

<Sockwell について>
「フィンランドでずーっと履いていました。ふかふかで温かく、履いてることを忘れるぐらいの心地良さ。ニオイも気にしなくて良いのが旅行最適でした。
デザインも可愛くてハッピーになれるので、レッスンでも自宅でも履いています。」

ソックエルラブ 黒木さん

最後に今後の目標を伺いました
「ノルディックウォーキングの普及活動!
まずは歩くことからスタート。一歩一歩、自分の足で歩くことが、やりたいことにチャレンジする自信になっていく。一歩踏み出すことで人生が豊かに輝く。そのきっかけにノルディックウォーキングがなればと思っています。」


あとがき
~sockwellバイヤーより~

主婦からインストラクターへ。少し勇気をもって行動すれば、道は開けて行くんですね。
黒木さんのレッスンに参加して楽しい!ももちろんですが、体を動かすことによって、次の楽しいへのきっかけを作ってくれる点で、ソックウェルの考える日ごろからのセルフケアをすることで自分の楽しいことをするにつながる観点が一緒だなと感じました。
体を動かすというとついついジムへ通おう!と考えてしましますが、自然の中で、太陽の光を浴び風を感じ、仲間と歩けるノルディックウォーキングは心も体もリフレッシュ出来ていいものです。

 黒木さん愛用のソックウェルはこちら