お洋服やファッションアイテムに欠かせない素材、“ウール”。

コートやマフラーなど冬に活躍するアイテムによく使われているため、「暖かい素材」というイメージが強くあります。

しかしながら、ウールは「天然のエアコン」と言われるほど温度調節に優れており、冬は暖かく、夏は涼しく使える万能な素材。

その他にも、暑い季節に活躍する性質が多くあります。

そこで今回は、なぜウールが春夏におすすめの素材なのかその理由と、Sockwellが選ぶウールの特徴をご紹介します。

羊画像

 

メリノウールが春夏におすすめな理由

 

①涼しい

冒頭でもご紹介しましたが、ウールはとても温度調節に優れた素材です。

ウール=羊の毛ということは、皆さんご存知ですよね?

モコモコの毛を身に纏った羊たちが、寒い時期も暑い時期も同じように過ごすことが出来るのは、羊の毛に温度調節機能が備わっているからなんです。

では羊はどのようにして、温度調節をしているのでしょうか?

ウールの繊維は、「クリンプ」と呼ばれる1本1本が縮れた形状をしています。

クリンプのおかげでウールはしっかりと空気を含み、外との間に空気の層をつくるのです。

この空気の層が断熱材となり、外気の暑さ、寒さを防いでくれます。

そのため、ウールは春夏も涼しく快適に使える素材なのです。

 

②蒸れない&臭わない

ウールは最も吸放湿性に優れた繊維の一つです。

なんとコットンの約2倍、ポリエステルの約40倍も湿気を吸い取ってくれます。

ウールの表面は、人間の髪の毛でいうところのキューティクルに相当する「スケール」と呼ばれる鱗に覆われています。

このスケールの隙間から湿気の吸収・放湿を繰り返すため、汗をかいても蒸れにくく、サラっとした肌触りを保つのです。

また天然繊維であるウールは、元々持っている免疫機能で防臭・抗菌機能にも優れており、気になる汗のニオイを抑えるという嬉しいメリットも。

蒸れを防ぐことで、ニオイの元となるバクテリア菌の繁殖を抑制、そして天然の防臭機能で繊維の中を清潔に保つことが出来るのです。

ウールスケール画像

参照:ecodepa.jp

 

③さらさらでソフトな肌触り

天然繊維のウールは、種類によって繊維の細さは様々です。

繊維の細さ(=マイクロン)の数字が小さいほど繊維が細く上質で、しなやかになっていきます。

中でも最高品質と名高いのが、メリノ種という羊の毛を使用した「メリノウール」。

メリノウールは繊維が細く柔らかいのが特徴で、一般的なウールによくみられる“チクチクとした不快感”がほとんどありません。

またメリノウールの優れた放湿性のおかげで、汗をかいてもべたつかず常にサラサラな質感を保ちます。

肌触りが優しく、爽やかなので、素肌に合わせても快適なのです。

 

Sockwellのメリノウール

 

ソックウェルは北アメリカ大陸にあるロッキーマウンテンで、自由放牧された「ランブイエメリノ」という品種から採取したウールを使用しています。

ランブイエメリノは、数あるメリノウールの中でも最高ランクに位置付けされており、ふっくら滑らかな肌触りが特徴です。

なかでもソックウェルは、一般的な23.5~24マイクロンの繊維に比べ、19.5マイクロンとさらに細い繊維を使用。

カシミヤのように柔らかく、極上の履き心地に仕上げました。

 

Sockwell画像

 

メリノウールソックスで快適な足元を

 

足元の悩みは、汗蒸れや冷え、気になるニオイなど意外と多いもの。

「仕方ないこと」と後回しにしてしまいがちな悩みですが、靴下を変えるだけで足元の快適さは大きく変わります。

メリノウールの履き心地の良さに気づいたら、今まで履いていたソックスには戻れないほどです。

春夏の季節だからこそわかるメリノウールの良さを、一度体感してみて。

 

春夏におすすめコレクションfor woman

 

春夏におすすめコレクションfor man