お家で過ごす時間が増えているこの頃...
働き方の変化で在宅ワークをされている方も多いのでは?
満員電車に乗って出勤することもなく、朝の時間を自由に過ごせるので快適!
ですが、在宅ワークにも意外な落とし穴があります。
それが「エコノミークラス症候群」です。
お家の中でエコノミークラス症候群?なかなか結び付かないワードですが、
コンピューターの前で何時間も座りっぱなしでいると、血液循環が悪くなり、エコノミークラス症候群になる危険性が。
そうならない為にも、自宅で簡単に出来る予防方法をご紹介いたします。
まず、エコノミークラス症候群とはどのようにして引き起こされるのでしょうか?

1)エコノミークラス症候群とは?

 

在宅ワーク画像

 

動作が少なく長時間同じ姿勢でいると下肢(足)が圧迫され、血流が悪くなり血栓(血のかたまり)ができやすくなります。

できた小さな血栓が肺の静脈を詰まらせてしまうことで発症する疾患が

「静脈血栓塞栓症」(エコノミークラス症候群)です。 

 

エコノミークラス症候群というと、飛行機の中でのみ起こる症状だと思われるかもしれませんが、

実は飛行機だけでなく、列車旅行など長時間座席に座って移動する時や、

座りっぱなしのデスクワーク、長時間の会議などでも発症すると考えられます。

 

そして現在、テレワーク、リモートワークでの座り続ける生活で

自宅でも引き起こしてしまうのです。

 

2)予防方法は?

 

エコノミー症候群の予防方法

①軽い体操やストレッチを行う

少なくとも2~3時間おきには、立って動いたり、かかとやつま先を上下に動かしたりする
腹式の大きな深呼吸も有効です。

②こまめに水分を取る

1日1リットル以上のミネラルウォーターや薄めのお茶で水分補給を。

③ゆったりとした服装を

男性はベルトを緩める。
女性は下着を緩め、ゆったりとした衣類を着用する。

④着圧ソックスを着用する

実は、着圧ソックスを着用することもエコノミークラス症候群の予防に効果的です。

ふくらはぎに圧をかけることにより、血流が促進されますが

血栓予防には血流を良くすることが重要なのです。

 

3)Sockwellでエコノミークラス症候群を予防する

Sockwellでエコノミー症候群を予防

ソックウェルの中でも人気の「着圧シリーズ」は、

エコノミークラス症候群の予防に最適なアイテムです。

足首からふくらはぎにかけて段階的に圧をかけることで、血液の流れを促し、血栓ができるのを予防します。

特にソックウェルの着圧シリーズは、程よい着圧で締め付けすぎないので、朝履いて夜脱ぐ時まで快適な使用感です。

また素材に高品質のメリノウールを使用することで、蒸れにくく履き心地もふわふわ♪

むくみや疲れも解消してくれるので、エコノミークラス症候群を予防しながら

快適なおうち時間を過ごせますよ!

 着圧シリーズ

 気づかないうちに引き起こしてしまう在宅ワークの落とし穴

「エコノミークラス症候群」。

ソックウェルの着圧シリーズなら、履くだけで簡単にセルフケアして頂けます。

ソックウェルと一緒に足元から健康に過ごしませんか?

Sockwell商品ページ